夢幻泡影 - 源本舗

趣味の日記

 
 銀英伝ボックス
2017年06月07日(Wed)
アニメ

20170607何気なくヤフオク見てたら『銀河英雄伝説』のLD-BOXセットが1000円で出品されており、思わず入札。
若干、競ったものの…格安で落札できました♪


…BDではなく、LDです(笑)
本伝×4セット、外伝×2セット、劇場版×3枚の、総計45枚。
劇場版のみボックスではないのが残念ですが、そこはそれ。
6穴バインダー式設定資料集、ノンテロップオープニング&エンディングVSD、そしてテレカと特典も全て付属します。(つか未開封状態)


銀英伝と言えば、本伝110話、外伝54話、長編3話という、OVAシリーズとしては空前、そして現時点では絶後である、言わずと知れた大作です。
出た当時、欲しくても高くて手が出せなかったこのLD-BOX。
なにせ、1セットで定価が税抜でも6万円から…という価格でしたからねぇ(涙)
話数の多い第3期なんて税抜87,378円。
本伝4セットだけで約28万円、トータルで約46万円という高価なものでした。


ぶっちゃけ、手元に全話のDVDがあるので、見る分には困らないものの…
やっぱ、このジャケットのサイズがいいのですよ♪
…場所とるけどw


今回、偶然見つけたとは言え、わざわざLDを入手したのは、この描き下ろしジャケットの魅力もありますが…
デジタル化の際に行われたリテイク前のソフトが欲しかったのが大きいです。
DVD化の際に、人名・艦名などのテロップのスペルミスなどが修正されましたが、同時に作画のひどかったシーンを中心にリテイクが行われました。
特にヤンをはじめとした主要人物の顔などが顕著ですが…
背景はそのままで、顔だけデジタル修正という形のため、肌の色などかなりの違和感があります(^^;
しかも作画デザインも外伝風のものとなっており、他の人物などとバランスがとれていない状態に。
さらに第1期のクライマックスである26話「さらば、遠き日」に至っては、背景まで含めてほとんど全て1から作り直しており、絵が変わりすぎて別のアニメを見ている様な有様です。


20170607b
26話より、LD(左)とDVD(右)の違いを比較
リテイクによって、雰囲気が全く別モノに…
全体的に絵柄が柔らかくなってますが… メックリンガー、可愛すぎw


確かに少なからず作画崩壊が見られた旧版ですが、昔のアニメとして考えれば問題無く見られるレベルかと。
26話なんてむしろ全体的にしっかりしたクォリティだったんだし、わざわざ作り直す必要なかったのでは?…というのが本音でしょうか。
全話を新たな作画で作り直すならまだいいんですが…
ごく部分的な修正のため、全体を通してのバランスがとれなくなっているんですよねぇ。


兎にも角にも、早速第7話「イゼルローン攻略!」までを一気見w
確かに時代は感じますが、やはり今見直しても面白いですね♪
新アニメプロジェクトについても、どういう形になるのか…楽しみなところです。


20170607a
LD画像をキャプチャで取り込み撮ったスクリーンショット
随所に見られるNTSC特有の色のにじみも味があってイイ感じです


ただ、LDプレーヤーの調子が悪くなってきているのか、ディスク終盤あたりになると横線状のノイズが入ることがありました。
特に異音などもありませんし、同期のズレっぽいので基板上の半抵抗を調節してやれば直ると思われますが…
無理して壊してしまってもシャレにならないですし、当面はこのまま放置でしょうか(^^;

名前  URL 

 

 
 ジュアッグが!ゾゴッグが!
2011年11月18日(Fri)
アニメ

20111118


機動戦士ガンダムUC episode4「重力の井戸の底で」。
アニメの方、遅ればせながら見てみました〜♪
ストーリーに関するネタバレは無しの方向で簡単な感想を。


いやぁ〜、マジで面白かったです!
これはなんつーか、ファンサービス全開というか…
もうファーストから逆襲のシャア世代をモロに狙っていますよねぇ♪
事前に公開されていた冒頭6分の戦闘もなかなかのものでしたが、後半での盛り上がりはまた…!
MSVシリーズとしてプラモ・ゲームのみに登場したMSなどがてんこ盛りです。
新旧MS入り乱れた戦闘シーンは、往年のガンダムファンをも唸らせる出来映えかと。


正直ビックリしたのが、先行公開分でも登場していたブライトさん。
故・鈴置洋孝さんに代わり、成田剣さんが声を担当してましたがこれが違和感全く無し!
コードギアス 反逆のルルーシュの「オレンジ」こと、ジェレミア・ゴットバルトのイメージが強かったのですが…その熱演は流石です!?
あと面白かったのは、ミネバ・ザビが道中立ち寄った軽食屋の主人。
実は中の人が、ミネバの叔父に当たるガルマ・ザビを演じていた森功至さんなんですね。
しかも会話中には、彼を裏切ることとなったシャアに対する苦言を漏らしたりも…
これは狙っているのかなぁ?(笑)
ちなみに、グレイファントム(ポケットの中の戦争に登場)の同型と思われるペガサス級の朽ちた姿や、写真ながらもあの一年戦争の英雄もワンカット登場しました。
過去の宇宙世紀ガンダムシリーズとの絡みが随所に散りばめられており、見ていて思わず熱くなります(^^;


物語はというと、全体的に人間ドラマを中心に進みます。
ガンダムらしく、特に現場で戦う人達の内面が強くでており、逆にフル・フロンタルをはじめとした上の思惑はまだまだ明らかとなっていません。
どこまでも理想を追い続けるバナージと、現実に直面してしまったリディ。
ふたりはそれぞれ、人の持つ側面を描いているのでしょう。
しかし…ガランシェール隊の面々は本当に良い味出してますねぇ(^^)
マリーダの事も絡んででしょう、漢の喧嘩に首を突っ込まないフラスト兄さんカッコ良すぎw


とにかく作画・ストーリー共に出来が良く、今回もしっかり楽しませてもらいました。
全六巻のうち、すでに3分の2…
まだまだ明かされていないところも多いだけに、続編も期待大ですね♪


>関連サイト
 機動戦士ガンダムUC 公式サイト

名前  URL