夢幻泡影 - 源本舗

自宅サーバで運営される趣味の日記

 
 謹賀新年 2018
2018年01月02日(Tue)
その他

明けましておめでとうございます。
今年ものんびり更新したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


昨年は若干財政面に余裕が出てきたことで、PC関連の機材を色々と入れ換えることができました。
ただその分、仕事の方にかかりっきりになりがちで…
それらを充分に活かせていたとは言い難いでしょうか。
もっと積極的に、創作活動など手を付けていきたいものですね。

名前  URL 

 

 
 スマホの機種変
2017年12月27日(Wed)
ハード

20171227

ガラケーからスマホへ乗り換えて、早二年。
10月末には画面を割ってしまい、交換したりしたものの…
24回の分割になっていた本体の支払いもわずか。
先月登場した『Xperia XZ1』への機種変更を考え、見積もりのつもりで仕事の休憩時間によく行く家電店内のショップに寄ってみたところ…
新たに始まった「auピタットプラン」「アップグレードプログラムEX」などの導入により、現在より3,000円あまり月々の支払いが安くなることが判明。
そのまま購入してしまいました(^^;
ちなみに、Z4は「下取りプログラム」にて10,000円相当の値引きに。
某ネットオークションでの最近の落札相場が、およそ7,000〜8,000円という事を考えると結構お得かな。


20171227a
Xperia Z4 と Xperia XZ1。
デザインは概ね同じながら、背面がガラス製のZ4とは随分質感が異なります。


OSは、Android 8.0。CPUやメモリのスペックアップもあってか、アプリもZ4よりサクサク動いてくれます。
サイズは、数ミリ程度XZ1の方が大きめ。
サンドブラスト加工の背面は、質感もあり手触りも良いのですが…
冬場は手が乾きやすいもので、サラサラしすぎてすごく滑る(^^;
さらに、Z4にあったストラップホールがXZ1では無くなっていたのが地味にショック(笑)
仕事中スクーターでの移動でグーグルマップ見たりするので、落下防止に重宝していたのですが。
まぁ保護用のケースを用意して、そちらに取り付けたいところ。
あと間に合わせに、安かったガラスフィルム「エレコム PM-XZ1FLGG」を併せて購入したのだけれど、これがまた微妙な製品で…液晶画面のサイズに左右1mmずつ足りてないw
XZ1は表面ガラスの両サイドが曲面の為だけれど…指すべりは非常に良いだけに残念。


何はともあれ…最新機種へ変更し、しかも月額が数千円安くなるのはありがたい限り。
ちょうど、先日導入した光回線の増額分にも充てられるかな。


>関連リンク
 Xperia XZ1 公式
 源本舗 夢幻泡影 - 2017年10月31日
 

名前  URL 

 

 
 ついに光回線導入!?
2017年12月15日(Fri)
サイト

20171215

現在の家へと引っ越し、かれこれ10年。
遅いADSLに辟易し、何度かNTTへフレッツ光の問い合わせをしてみるものの、いつもダメ。
正直、光回線はあきらめてたのだけれど…
何となく地元の情報サイト見てたら、市内全域で光ファイバーケーブル網が利用可能…とか書いてあるのを発見。
ウチ、フレッツ光使えないんですけどー…とか、ぼやきながら見てみると…
どうやら数年前に市の政策で市内全戸に無料設置された緊急防災放送が光回線使っているらしい。
当然ウチにも設置してあり、大雨洪水警報といった防災情報や追悼サイレンなど各種行政情報を放送してくれている。
実物を確認してみると、なるほど屋外に取り付けられたボックスへ引き込まれているのは確かに光ファイバーだった。
まさか、既にウチにも光回線あったとは…orz


とは言え、実際にインターネットに使うにはプロバイダへの加入が必要。
調べてみたところ、地元のケーブルテレビがこの光回線を利用したインターネット接続も提供しているとのこと。
幸い、現在利用しているYahoo! BBは、ちょうど4年目。
2年ごとの契約満了月のため、解約手数料も不要。
即電話し相談。
最短で設置して貰いました♪


これまでは、Yahoo! BBのルータ内蔵モデムを利用していた為、Amazonで『TP-Link Archer C1200』を新規に購入。
中国のメーカーですが、世界シェア45%超というのは伊達では無く、下手な国内メーカーのものより安定性や耐久性など高評価を得ているもの。
販売価格から考えるとスペックも高く、
設定はもちろん日本語対応でシンプルで簡単、なおかつ細かいところまで対応しており、素人から玄人まで満足できるものです。
3本あるアンテナはWi-Fiのビームフォーミングにも対応。


20171215a


無事に宅内工事も終了し、早速速度チェック。
測定には、Radish Network Speed Testingを使用。
まずは、Yahoo! BB 12M。


20171215c
Yahoo! BB 12M


12Mのプランとしては正直…な数字。
契約直後は8Mくらい出ていたんですが、インターネット利用者の増加などが主な原因でしょうね。
で…これが、どうなったかというと…


20171215d
CATV光回線 (100Mプラン)


正直、同じPCで測定したとは思えない変わりようw
インターネット始めて、うん十年…
まさか郊外の自宅でこれだけの速度が出るとは思っていなかったので、正直感動でした(涙)
試しに、LinuxのISOファイルをダウンロードしてみると、実質4〜7Mbpsといった所でしたが…
これは相手サーバにもよるし、なによりこれだけ速度出てて帯域塞がれないのはありがたい。
ADSLではダウンロードでこういう速度が出た場合、下手をすれば普通のサイトすらタイムアウト起こして見られなくなってしまってたので…w
あと、それ以上に大きいのは上り速度の圧倒的な向上。
自宅サーバも動かしている為、この速度アップは非常にありがたいです。
なお、回線が混む夕方から24時くらいの時間帯はどうしても速度低下が起こりますが…
自分は仕事してることがほとんどなんで、ほぼ関係なし(苦笑)


無線ルータのWi-Fiも簡単に設定でき、ノートPCやスマホからも快適にアクセスできるように。
ADSLの契約解除など、まだすべきことは残っているものの…
年末年始は快適にネット出来そうです♪


>関連リンク
 Amazon - TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Archer C1200公式
 Radish Network Speed Testing
 

名前  URL 

 

 
 ディスプレイ DELL U2413F 導入
2017年11月17日(Fri)
ハード

20171117

某ネットオークションで色々見ていたところ、中古の『DELL U2413F』がかなり安く出品されていました。
24インチAH-IPSパネル搭載で、sRGB100%、AdobeRGB99%カバー、ハードウェアキャリブレーションにも対応しながら直販価格が5万円切り…と発売当初話題になったハイエンドモデルです。
出品者は中古パソコンショップで、評価も非常に良かったので、すかさず落札。
対応もとても早く、落札支払いした翌日には商品が届きました。


20171117a
入力は、DisplayPortやHDMIにも対応。USB3.0ハブやカードスロットも装備


早速取り付けて見たところ、非常に彩度が高く、若干緑っぽい。
まずは、ダウンロードしてきたドライバをインストール。
モニタはプリセットモードから標準を選び、Windowsより「設定→システム→ディスプレイ→アダプターのプロパティの表示」とウィンドウを開く。
「色の管理」からICCプロファイルに「DELL U2413 Color Profile,D6500」を追加し選択、既定としておきます。
これで若干色味が自然になるも、経年によるものか…やはり緑っぽさが。
設定メニューは基本白黒グレーのハズにもかかわらず、やはり緑がかっていることから入力信号側の問題ではなさげ。
中古とは言え、ビックリするほど安かったのはこれが原因かも?
キャリブレータ(i1 Display Pro)があれば、ハードウェアキャリブレーションできるのだけれど…流石に持ってないw
ビデオカードのドライバ側で色を調節する方法もあるけれど、できればそちらはイジりたくないので、モニタのファクトリーモードで色を調整することにします。


メインモニタとして色空間はsRGBで使用するつもりなので、まずはプロファイルを変更。
「色の管理」からICCプロファイルに「sRGB IEC61966-2.1」を追加して既定に。


20171117c


勘違いしがちなのだけど、ICCプロファイルは単にモニタのものにしておけばいいという訳ではなく、モニタのモードと一致するものに設定しなければ意味が無いです。
U2413のファクトリーモードは、Webで調べたところ…5つある設定ボタンの、上から2つめと4つめを押しながら電源ONで入れる、とのこと。


20171117b


Back Light On Time(バックライト使用時間)は3829時間そこそこと、ビックリするほど使用している訳ではなさそう。
モニタキャリブレーション用の壁紙を表示しつつ、sRGBの項目から緑をほんの少し下げておく。
目視では限界があるものの、ひとまず納得のいく色味に設定。
しかし驚いたのは、薄い色合いの表現力。
白飛びしやすい、ごく薄いグレーもしっかり見分けられます。


これまで使っていた『DELL E2211H』は横に置きサブディスプレイに。
さらにテレビの『三菱 LCD-H32MX60』も繋げている為、実質トリプルディスプレイ(笑)


20171117e
左側 U2413F が赤っぽいのは、カメラのせい
実際には右の E2211H が青っぽいです


まぁやっぱり、趣味とは言え、絵を描く身には高品質なモニタはホント重宝します。
色空間をAdobeRGBにしての使用も、かなり惹かれるものがあるけれど…
メインで使っているopenCanvasが対応してない為、かえって泥沼になってしまいそうなので(^^;
また余裕が出来たら、是非キャリブレータ(i1 Display Pro)も入手してハードウェアキャリブレーションを試してみたいですね。


>関連リンク
 Amazon - Dell ディスプレイ モニター U2413
 納得パソコン購入術!パソ兄さん - DELL U2413 レビュー記事
 ITmedia PC USER - DELL U2413 レビュー記事
 

(2017/12/11 03:17)
テスト書き込み
名前  URL 

 

 
 スマホの交換
2017年10月31日(Tue)
ハード

20171031

24日夜に壊れてしまったスマホ。
翌日、auショップへ行き…現状で最も安く済む、交換用携帯電話機お届けサービスを利用することになりました。
届くまで1〜2日と言うことで、有償となる代替機は要らないかなとも思ったけれど、念のため借りておくことに。(ちなみに Xperia Z5)
しかし…その日の仕事で、いきなり電話を使う用事が二度も発生w
内一件は先方からかかってきたものだった為、借りておいて正解だった…と心底ホッとしました(^^;


結局一日の間を置いて、27日の昼過ぎにショップより届いた旨の連絡が。
30分そこそこで代替機からデータを移行し終え、無事に手続き完了しました。
壊れたスマホは一緒に受け取った封筒に入れて、こちらで郵便局より発送する事に。


20171031a
返送用の封筒
袋状のプチプチにスマホを入れてから封筒に収めます


外見だけで無くバッテリーなどの消耗部品含めた、事実上の新品交換。
幸か不幸か…ほぼ2年間使ってきてヘタり始めていただけに、良いタイミングでのリフレッシュになりました(^^;
ただ、アプリ自体はバックアップされており、再インストールの手間は省けたものの…設定は全て初期化。
片っ端から設定し直さなきゃいけないのは、結構大変でしたね…(笑)
ちなみに、OSは届いた時点で最新版の Android 7.0 がインストールされてました。
Android 5.0 から、6.0 、 7.0 と段階を踏んでアップデートしていた先代よりも安定している様な気がするかも?


>関連リンク
 源本舗 夢幻泡影 - 2017年10月24日

名前  URL