夢幻泡影 - 源本舗

趣味の日記

 
 サーバ機交代
2016年12月29日(Thu)
ハード

20161229

調子がいまひとつの自宅サーバ機『Chopin』。


某ネットオークションでGIGABYTE『GA-GC230D』が格安で出ていたのでゲットしてみました。
省電力で知られるIntel ATOM。
その最初期のモデル「ATOM 230」を搭載した、2008年発売のMini-ITXボードです。
HT付デュアルコアの「ATOM 330」搭載マザーもあったものの…
そもそもの目的が性能より低消費電力優先のため、そちらは見送り。
これまで使ってきた「AMD Geode NX 1500」はTDPが9W(公称消費電力6W)という低消費電力CPUですが…
Intel ATOM 230は、TDP4Wとさらに低い数値です。


試しにWindows7をインストール。
簡単な動作確認と、スペックの確認をしてみます。
Windowsエクスペリエンスインデックス、プロセッサは『2.3』で、Geode NX 1500の『1.9』から、少なからずアップしています。
しかし、Super Piでの100万桁は『1分53秒』
Geode NX 1500の『1分24秒』と比べて、意外にも後れをとっていました。
これはCrystalMark2004などのベンチにてFPUの値が低かったのが、影響していると思われます。


20161229a
CPU-Zのステータス


とりあえずサーバ用途で使用するため、標準のファンを取り外して大きく静かなものを針金で取り付け。
でも、元々ファンがついている真ん中のヒートシンクって、CPUではなくチップセットなんだよね(笑)
基本的にはこれまで通り、LinuxでのWeb&ファイルサーバとして運用予定。


>関連リンク
 GIGABYTE - GA-GC230D (rev.1.0)

名前  URL 

よろしければ『書き込み』ボタンをクリックしてください(戻る