夢幻泡影 - 源本舗

自宅サーバで運営される趣味の日記

 
 MDR-XB40EX入手
2012年09月21日(Fri)
ハード

20120920


これまで使っていたイヤホン「MDR-EX300SL」は度々断線故障しており、その都度分解修理を行ってきたのですが…
先日ついにドライバーユニット周りが逝ってしまい、いよいよ使用不可能に。
以前使っていたMDR-EX85SLを引っ張り出して、代用しておりました。


そんな折、友人が使わなくなった「MDR-XB40EX」を譲ってくれることに。
基本構造はMDR-EX300SLと同じで、13.5mmドライバーユニットを耳の穴に対して直角に配置した特徴的なデザインになっています。
その最大の特徴は重低音を重視した構造で、ダイレクトバイブストラクチャーなどにより迫力ある低音を表現できる点。
サイズはやや大きめですが、重低音系にありがちなゴツいデザインではなく、サイドには削りだしのアルミをあしらっており、質感も充分。
通称きしめんコードと呼ばれる、細いうどんのようなコードで断線もしにくくなっています。


譲り受けたものということもあり、エージングを気にしなくて済むのはありがたいところ。
早速、試聴してみたところ…なるほどイコライザ要らずの重低音!
ベースやバスドラなどもずっしり聞こえてきます。
低音域がかなり持ち上げられている為、全体的に音がこもった感じに聞こえてしまうのはちょっと残念でしょうか。
個人的によく聴くハードロックやメタル系の曲は、元から低音成分が多い分、曲によっては音が潰れてしまう場合も(^^;
しかし、下から上まで繊細さを表現できる解像度の高さは、EX300SL譲りでしょうか。
中高音もキチッと出ており、意外にピアノ曲等もしっかりこなしてくれます。
また交響曲などクラシックでも、埋もれがちな低音楽器が主張してくれるので、なかなか迫力ある演奏を楽しめますね。


私自身はフラットな音質のイヤホンを好んで使ってきていたのですが…
これはこれでなかなか。
ただ、よく言われている通り曲を選ぶというか…
モニタ的な使い方はできませんね(苦笑)

名前  URL 

よろしければ『書き込み』ボタンをクリックしてください(戻る