夢幻泡影 - 源本舗

趣味の日記

 
 ねんがんの Core 2 Duo をてにいれたぞ!
2012年01月18日(Wed)
ハード

20120118


遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
…って、いきなり死亡フラグなタイトルですが(^^;
今年もまったり更新予定です。


今更ながら、Core 2 Duo E6600を入手しました。
Core 2初期のミドルクラスCPUで、コアはConroe。
なお、S-SpecはSL9S8。B2ステッピングの初期型です。
後期型のSL9ZLと比べると、アイドル時の消費電力は高めですが、動作電圧の幅が広く、オーバークロック耐性の高い個体が多いとも言われてますね。
ちなみに価格は、某ネットショップでニーキュッパ。生活費から捻出しての購入です(苦笑)
CPU単品で付属品などは一切無し。
まぁ、ヤフオクでの最近の相場は3,000〜4,000円と言うところですから…
まずまずのお買い得商品だったでしょうか。


さて。今更、Core 2 Duoを入手することになった経緯ですが…
以前友人用に組んだ低価格PC(Pentium4 524, メモリ512MB)をその友人が手放す事となり、半年ほど前に私が譲って貰いまして。
使用していたマザー「ASUSTek P5VD2-MX」はCore 2 Duoに対応しているのでスペックアップを試みよう…という訳です。


実のところ自分用のマシンは、Pentium4からAthlon XP、Athlon64X2、そしてCore iへとステップアップした為、高性能で知られるCore2はスルーしてしまっていたという…
家族用にE8500で1台組んだ事はあったんですけどねぇ(^^;


以前別の友人から貰った未使用のE6600リテールクーラーを使用し、サクッと取り付け。
ヒートシンクの見た目はペン4もCore 2 Duoも同じなのですが…
全てアルミ製だったペン4用に対し、より熱伝導率の高い銅が芯に使われていましたね。


正常に起動することを確認し、早速ベンチをとってみたところ…
お馴染みCrystalMark2004R3で、ALU:10065→21308、FPU:10803→26215。
また、Superπでの104万桁計算は、47秒→22秒…という結果。
比べて2倍以上のスペックアップを達成できました。


しかし…メモリは512MBのまま。
余裕が出来たら今度はメモリを買おう(笑)
マザーがDDR2-4300のシングルチャネルまでの対応なので、性能をフルに活かし切るのは難しいでしょうけれど…
店で酷使しているAthlon64X2のマシンよりCPUパワーもあるので、そちらの跡目に丁度良さそうです。

名前  URL 

よろしければ『書き込み』ボタンをクリックしてください(戻る